vol.118 女性のお腹ポッコリは片頭痛のもと?

c0079228_191517.jpg


20代から50代の成人女性で、ウエスト周囲径の大きい人は、片頭痛になりやすい傾向があるそうです。

この研究結果は、アメリカ・フィラデルフィアのドレクセル大学のリー・ピーターリン博士と、アンドレア・ロッソ博士が、4月に開催されるアメリカ神経科学会American Academy of Neurology meeting の抄録に掲載されたものです。

博士らは、22211人を対象に、BMIやウエスト周囲径の測定と、片頭痛や頭痛に関するアンケートを実施。その結果、20歳から55歳までの片頭痛の女性患者には、腹部肥満の人が多いことが判明しました。

この理由に関して、腹部肥満による脂肪細胞の増加が、サイトカインなどの炎症を起こす物質を増やすことが関係しているのではないかと推察しています。

サイトカインなどの炎症を引き起こす物質が体内で多く産出されることが、片頭痛を引き起こす原因であることは、これまでの研究で明らかになっているそうです。

もともと女性は男性よりも約3倍も片頭痛患者が多いのが現状。

しかし、55歳以降の男女に関しては、腹部肥満と片頭痛に相関関係はなく、女性の場合は、55歳を過ぎると、腹部の大きい女性の方が、腹部の細い女性よりも、片頭痛を起こすことが少なくなる傾向があるそうです。

いずれにせよ、中高年までの女性にとっては、腹部肥満の予防が、片頭痛の予防にも繋がるかも知れません。

たしかに私も、太いウエストをきついスカートに収めるようすを鏡で見ると、頭を抱えちゃいますね~。(それは片頭痛ではないか・・・)
[PR]
by womanhealth-lab2 | 2010-01-26 01:09 | 海外の医療健康情報
<< vol.119 肥満は寿命を縮める vol.117 渋滞は心臓発作... >>